開催情報

開催期間 2019年11月19日(火)〜
11月24日(日)
時間 10:00〜18:00
入場料 無料
会場 コンパルホール2階
市民ギャラリー
大分市府内町1丁目5番38号
イベント ※いずれも要予約。各イベントページよりお申込みください。

①ヨガ体験講座とメイク&フォト
11月21日(木)11:30〜16:30

②髪のお悩みおしゃべりサロン
11月23日(土)14:00〜16:00

③がんおしゃべりサロン
11月24日(日)14:00〜16:00

コンパルホール

 "ありのまま" の美しさ、それぞれの「生きる」の形。

病で髪を失った女性、その家族。
それぞれの「生きる」の形を通して
ありのままの美しさを、そして
「生きるとは何か?」を感じてほしい。
ひとりの乳がんサバイバーの想いが
多くの共感を得てかたちになりました。
あなたの大切な人と一緒にぜひお越し
ください。

高橋絵麻さん

「生きるを伝える写真展」発起人、
2人のお子様を持つヨガインストラクター。
乳がんサバイバー。
2015年10月にステージ3aの乳がんと診断される。
がんであることを公表し、治療と並行しながら
啓発活動として「しこり触ってキャンペーン」
を実施。手術までに約250人がキャンペーンに
参加。その後全摘手術を受ける。現在は地域での
乳がんの啓発活動、並びに「病になっても楽に
生きていける、助け合える社会」を目指して
活動を続けている。


開催概要

◆生きるを伝える写真展in大分
   実行委員会代表 亀井祥子

私は幼い頃から脱毛症で全身の毛髪がなく、
また2018年末に悪性リンパ腫を寛解した
がんサバイバーでもあります。

ちょうどがん闘病中だった
2018年5月に福井県で
「生きるを伝える写真展」が開催
されている事を知り、記憶に残っていて
治療が終了した時に、大分でこの写真展を
開催したい!と思い立ちました。

とはいえ私1人のちからではとうてい
開催にこぎつけるのは無理で、ここまで
たくさんの方にご協力いただきました。

絵麻さんご本人ともいろいろお話し
させていただき、たくさん
アドバイスもいただきました。
みんなの想いがつまったこの写真展、
あなたの大切な人と一緒に、
ぜひお越しください。


◆私の心に残った
絵麻さんのコメントより↓
『素の自分をさらけだしてもいいし、
さらけ出さなくてもいい。
私が届けたかったのは、選択の自由でした。
 
病を抱えることは、諦めることではない。
自分次第で在り方は変わっていく。
 
その想いにたどり着くまで
時間はかかるかもしれないけど、
そこを辿ったそれぞれの在り方を見て、
何かきっかけを届けられたら。。。』

『自分のことを後回しにしないで、
人生をめいっぱい楽しんで。』

『自分を大切にしてほしい。
この世界を楽しむためにも。
大切な誰かのためにも。』

主催:生きるを伝える写真展in大分 実行委員会

後援:大分市、大分合同新聞社、
OBS大分放送、TOSテレビ大分、
OAB大分朝日放送、J:COM大分ケーブルテレコム株式会社、
NPO法人マックネットシステム
がんサポートグループ クーナ・フエゴ、

  展示ご協力企業、団体様:
【がんサポートグループ クーナ・フエゴ/
  がんサポートブック】
【クリエーション エピテーゼ制作室/人工乳房】
【COCOLO/ケアキャップ】
【ドリームアソート/子供用ウィッグ】
【リネアストリア/ウィッグ】
【リノレア/ヘッドスカーフ】 
  ※50音順、敬称略

◎スタッフ募集中(写真展の受付やご案内、
イベントの会場設営など)
ご応募は↓こちらより※募集は終了しました

ボランティアスタッフ応募



写真展モデルさんたちのコメント

写真展発起人、高橋絵麻さんのコメント
(福井県での写真展開催時の様子)

powered by crayon(クレヨン)